よくわかる植毛×HARG療法比較ガイド

「ハーグ療法」「自毛植毛」でお悩みの方へ

HARG療法を、ご存じでしょうか。
自毛植毛の基礎知識を調べました。
植毛のメリット・デメリット

HARG療法と自毛植毛を比較しました

ハーグ療法が向いている人、自毛植毛が向いている人がいます!

眠っている細胞を刺激する効果で発毛させるHARG療法か、自分の毛髪を移植する自毛植毛か。それぞれの治療法には特性があり必要性や頭皮の状態により異なります。どちらの治療法が適しているでしょうか。

ハーグ療法 植毛の場合
どの治療が向いているかチェックしてみましょう!

どの治療が向いているかチェックしてみましょう!

植毛とHARG療法を比較してみましょう

ハーグ療法は、発毛率が高く眠っている毛根を起こし、育てます。自毛植毛は、自分自身の毛を植え付けます。植毛とハーグ療法との療法を理解した上で、ご自身にあった治療法をみつけてください!

ハーグ療法のメリットとデメリット ハーグ療法とは?ハーグ療法のメリットとデメリット 自毛植毛のメリットとデメリット

HARG療法は、薄毛や脱毛症を3つの効果で改善します

1.発毛効果

HARG療法は、薄毛や脱毛症を3つの効果で改善します

HARG療法の効果のひとつが、HARG療法の最大の特徴である、幹細胞抽出AAPEによる細胞の活性効果による発毛です。
HARG療法では、様々な細胞に分化する性質から、再生医療において中心的な役割を担う「幹細胞」から抽出したタンパクAAPEを用います。AAPEに含まれる成長因子による毛母細胞の活性効果と、AAPEが注入部位の毛包幹細胞を刺激することで生まれる効果。この二段階の効果により、長く発毛効果が持続します。
AAPEに豊富に含まれる各種の成長因子は休止期の毛母細胞は再び成長期へと移行し、成長期の毛母細胞は活動をさらに活発化させる、発毛のスイッチの役割を果たしています。また、AAPEにより活性化された毛包幹細胞は、自らも成長因子を分泌し毛母細胞に刺激を与え続け、さらに分化することで毛髪の再生に必要な細胞を供給し、毛髪の生産ラインがフル稼働するのです。

2.育毛効果

HARG療法のふたつめの効果は、生えた毛を丈夫な太い毛に育てる育毛効果です。
HARG療法で注入されるHARGカクテルは、毛髪は育毛に必要な成分を多数含みます。これとAAPEによる毛母細胞を刺激する相互作用で、育毛を促進します。このためHARG療法では、発毛率99%という効果を実現しています。

3.脱毛抑制効果

DHTの発生を抑制するAGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、重大な副作用があるために、女性の使用は禁忌とされています。そこで当院では副作用を心配することなくどなたでも安心してご使用いただける、脱毛抑制のオリジナルローションを開発いたしました。
オリジナルローションには、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制するCopperTripeptide-1、脱毛を促すタンパクをブロックするDKK1ブロックタンパク等の成分を含んでおりますので、HARG療法と併用することでHARGの発毛・育毛効果がより実感できるでしょう。
一方、自毛植毛では男性ホルモンの影響の受けにくい部分の毛を移植し、その特性は引き継がれるため、理論的にはAGAで抜けることはありません。しかし植毛したものの定着できず抜けてしまう毛も少なからずあります。一般に自毛植毛の定着率は90%といわれますが、実際にはかなり個人差や症例ごとの違いがあります。

HARG療法の効果について見てみましょう

お知らせメール

お知らせ

ご予約はこちら お知らせメール