事例紹介

抜け毛が増え薄毛が進行 Bさん( 50代 女性 )

50歳ごろから急に薄毛が進行したというBさん。髪の毛が細くなり、抜け毛も増えたと言います。

Bさん:
「なんだかぺちゃんとしているな、いやだわーと思っていたら、頭頂部が透けていたのよ」

落ち込んで人に会うのが嫌になり、外出すらも億劫になったと当時を振り返ります。専業主婦でお子さんも大きくなっていたため、それでやっていけたのですが、家族や周囲には心配をかけてしまいました。

そんなBさんを見かねて友人が教えてくれたのがHARG療法だったそうです。

診断

更年期による女性ホルモンの欠乏が薄毛の原因 HARG療法で回復を目指す

診察の結果、更年期による女性ホルモンの低下が薄毛の原因であると判断しました。
個人差はありますが、女性は卵巣の機能の衰えから45歳ごろに女性ホルモンの分泌が急激に減少し、やがて閉経に至り、女性ホルモンの分泌は停止します。このようなホルモンバランスの変化に適応できるまで心身に様々な症状が現れます。

女性ホルモンには様々な役割がありますが、中でもエストロゲンには毛髪の成長期を持続させる働きがあります。
Bさんのケースでは女性ホルモンの低下に老化現象も重なって、毛母細胞の機能が低下。
そのため毛髪を十分に成長させることができず薄毛が進行していました。

更年期の症状のひとつであるためホルモン補充療法も考えられますが、発毛効果は限定的です。
しっかりと生やして薄毛を解消するには、一度休止期に入った細胞を活性化させるHARG療法が最適という結論に至りました。
コースは、Bさんの状態を考慮して6回の治療で回復を目指すことになりました。

治療

抜け毛を防ぎ、生えた髪を育てて密度回復

一般的に薄毛が始まってから時間の経過が短い方ほど、HARGの治療効果も早く出る傾向があります。

Bさんは更年期から急に進行した薄毛であったため回復も順調でした。抜け毛を気にされていたので抜け毛予防のHARGローションをお出ししたところ、精神的効果も大きかったようです。

Bさん:
「髪がしっかりしてきたなというのは2回目かそれくらいには実感できました。抜け毛が減ると安心しちゃって。まだそのころは薄かったんですけど(笑)」

半年後には気になっていた頭頂部の分け目の密度もずいぶんと濃くなりました。

アフターケア

2か月に1回の経過診察ホームケアで維持

HARG療法6回の1クールが終了した後は2か月に1回の経過診察に通っています。
フォローアップは行わずHARGスプレーとサプリメントによるホームケアのみで維持できています。

Bさん:
「年齢的にはまた薄くなるかもしれないけど、そうなったらフォローアップでお世話になります(笑)」

オススメコンテンツ

薄毛・脱毛の仕組み
自毛植毛とは


症例と体験談

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール

休診日