HARG療法とは

HARG療法が向いている人、植毛が向いている人

HARGを検討してみてみませんか

「HARG療法とは」で説明した通り、HARGはさまざまなタイプの薄毛・はげに対応した療法であり、コストも植毛に比較すると安価であるため、植毛を検討している方、植毛などほかの療法で思ったような効果が得られなかった方に広くおすすめできる療法です。

ただし、植毛にできてHARGにできないことももちろんあります。ここでは、HARG療法と植毛、それぞれに適した症例をご紹介します。

 
  • プロペシアなどの薬物治療では思うような効果を得られず、植毛に関してもそのデメリットに抵抗を感じる方。
  • 女性の薄毛など、プロペシアなどの薬物治療を行うことができない方。
  • ストレス性脱毛症など、植毛治療が不適当と思われる方
  • 植毛を過去に行ったが、その後の経過が思わしくない方
  • 植毛をすでに数回行い、これ以上の自毛植毛は困難と判断された方。
  • 休止期の毛包さえ存在しない場合。この場合HARGをはじめとする発毛・育毛療法では効果を得ることはできません。
  • 怪我や火傷による脱毛。この場合も毛包が死滅している可能性が高いため、植毛が向いているケースが多いです。
  • ※上記のケースであっても、毛包が休止しているだけなのか、存在すらしないのかは見た目には判断しにくいものです。ぜひ一度当院にご相談ください。もしもHARGに適しない症状であると判断した場合は、当院が自信を持っておすすめする自毛植毛のクリニックをご紹介いたします。
 

オススメコンテンツ

薄毛・脱毛の仕組み
自毛植毛とは


植毛とHARGとの比較

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール