開発者の紹介

HARG療法開発者 福岡大太朗

福岡大太朗

HARG療法は、福岡大太朗医師が中心となって全国に広めている、発毛治療法です。

2005年に成長因子を用いた再生医療に着目し、細胞に働きかけ発毛を促進するHARG療法を開発しました。

また、この研究を世界各国の研究者と連携して行うため、「日本医療毛髪再生研究会」を設立し、毛髪再生医療をリードしてきました。

誰もが簡単に薄毛の悩みから解放されることを目標として、より手軽に、より高い効果へと現在も研究は続いています。

経歴について

活動・実績

当院院長福岡の、研究・開発者としての様々な活動をご紹介致します。

2010/07/07 テレビ東京「うひゃうひゃ健康TV」で当院のHARGが放送されました

7月7日放送の「うひゃうひゃ健康TV」(テレビ東京)で、当院のHARG療法が紹介されました。

 続きを読む

2010/02/18 イスタンブールで開催されるICAS学会で招待講演を行います

トルコのイスタンブールにおいて5月28日、29日の2日間にわたり開催される学会「ICAS(International Cell Assisted Surgery)」から招待講演の依頼をいただきました。
ICASは、外科や形成外科、整形外科、その他多くの分野で実施されている、「細胞」を活用した治療についての国際的な学会です。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

2010/10/10 雑誌『形成外科』に当院の福岡医師のHARG療法の論文が掲載されました

月刊誌『形成外科』(克誠堂出版)は、皮膚科や形成外科等の臨床に携わる医師を対象に、最新の医療技術や論文を掲載しています。
今回『形成外科』第53巻第10号に、福岡大太朗医師によるHARG療法についての論文が掲載されました。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

2010/08/31 HARG治療認定施設新規加入者向け HARGセミナー開催しました

日本医療毛髪再生研究会主催の、HARG治療認定施設新規加入者向けのセミナーに、福岡が講師として講演しました。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

2010/03/16 「傷痕修復用シート」特許取得

ケロイド状の傷痕、肥厚性瘢痕などに貼着することにより、これらの傷痕を消失させることができる、『傷痕修復用シート』の特許を取得しました。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

2010/03/09 『毛髪の成長は低酸素状態で刺激される』論文公開

2009年4月、『Biomedical Research』にて、HARG療法についての論文が掲載されました。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

2009/02/28 「日本臨床皮膚学会教育セミナー」感謝状授与

2009年2月28日(日)に箱根湯本で行われた日本臨床皮膚外科学会教育委員会ほか主催の「日本臨床皮膚学会教育セミナー」において、講師として参加しました。

福岡は「フィラー(皮膚充填剤)とヒアルロン酸・その構造、特性、使用の仕方」と題して、コラーゲンとヒアルロン酸の基礎を含むスライドと世界のフィラーの簡単な紹介及び合併症とその対策について講演をし、感謝状を頂きました。

→ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

オリジナル治療「Dr.福岡スペシャルHARGカクテル」

開発者によるHARG療法

当院はHARG療法開発者の運営する唯一のクリニックです。

HARG療法を専門に扱っているため、施術の技術や信頼性、ノウハウは他院の追随を許しません。

AGA等の症状には、通常のHARG療法でも十分に高い効果がありますが、開発者自ら調合するハーグカクテルは治療を受ける方一人一人に最適なオリジナル処方で、この療法を知り尽くした当院でしか実現できません。

→詳しくは、こちらをご覧下さい。

開発エピソード インタビュー

植毛、増毛、育毛剤・・・。
薄毛に悩む人はありとあらゆる商品や治療に費用を費やしてきたことでしょう。

HARG療法は従来の発毛治療の常識を覆す、本物の発毛治療です。
「どうして今まで、薄毛は病院で直せなかったのかが不思議」

そうおっしゃる、HARG療法開発者であり、HARG治療センター院長、また、日本医療毛髪再生研究会の会長でもある福岡大太朗氏に、開発にまつわるエピソードをうかがいました。

開発エピソード1きっかけ編

「明らかにずれているカツラの男性を見て、なんとかして髪の毛を増やせないだろうかと考えた」。
そんな思いから、研究を始めるにいたった経緯を語っています。

アイコン 開発者インタビュー 第一回「きっかけ編」を見る

開発エピソード2開発編

様々な気づきによって生み出された新しい療法、HARGが、現在までどのようにして研究、開発されてきたかについてききました。

アイコン 開発者インタビュー 第二回「開発編」を見る

開発エピソード3「進化編」

すでに高い満足度と発毛率を誇るHARG療法が、今後どのように変化していくのか。開発者としての目線で今後の研究についてお話しいただきました。

アイコン 開発者インタビュー 第三回「進化編」を見る

オススメコンテンツ

薄毛・脱毛の仕組み
自毛植毛とは

開発者についてのお知らせ

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール