HARG療法とは

HARG療法の効果

1.発毛

生やす+育てる+抜けない

HARG療法には大きく分けて2つの効果があります。
ひとつがHARG療法の最大の特徴である、幹細胞抽出AAPEによる細胞の活性化です。

幹細胞とは様々な細胞に変化(分化)することで組織や器官を作り、成長させることのできる細胞であり、その性質から、身体の失われた器官や機能の回復を目的とする再生医療において中心的な役割を担う存在として、非常に注目を集めています。

幹細胞の分化

HARG療法においては幹細胞そのものではなく、幹細胞から抽出したタンパクAAPEを用います。AAPEに豊富に含まれる各種の成長因子が活性を失った毛母細胞に刺激を与え、発毛を促すのです。

成長因子のシグナルが伝達されることで、休止期の毛母細胞は再び成長期へと移行し、成長期の毛母細胞は活動をさらに活発化させます。

つまり成長因子は発毛のスイッチの役割を果たしているのです。

成長因子は発毛のスイッチの役割

ちなみにHARG療法で用いられるAAPEは脂肪由来幹細胞から抽出したタンパクですが、幹細胞は毛穴の奥の毛包にも存在しています。AAPEは、それ自体に含まれる成長因子の働きのみならず、この毛包の幹細胞に働きかけることで、更なる効果を発揮します。

AAPEにより活性化された毛包幹細胞は、自らも成長因子を分泌し、毛母細胞に刺激を与え続けます。かつ分化を行うことで毛髪の再生に必要な細胞を供給し、毛髪の生産ラインがフル稼働するのです。

AAPEと幹細胞がそれぞれ刺激しあい毛包細胞が活性化

AAPEに含まれる成長因子による効果と、AAPEが注入部位の毛包幹細胞を刺激することで生まれる効果。この二段階の効果により、長く発毛効果が持続します。

2.育毛

HARG療法のふたつめの効果、それが生えた毛を丈夫な太い毛に育てる育毛効果です。
成長期の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことにより、毛髪は大きく成長します。そのためには、毛母細胞に栄養が十分に供給されなくてはなりません

HARG療法で注入されるHARGカクテルは、多数の育毛成分を含み、栄養面から育毛をサポートします。

育毛メソカクテル

ブロメジル
血管を拡張することで栄養供給ルートを確保
シスチン
毛髪タンパクのケラチンを構成するアミノ酸
ビタミンB
アミノ酸の代謝を助け、毛髪の成長を促進
ビタミンH
皮膚を健康に保ち、頭皮環境を整える
他ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、グリシン、チロヂン等

また、AAPEやAAPEに活性化された毛包幹細胞から供給される成長因子は毛母細胞を刺激し、育毛を促進します。成長因子のひとつPDGFには、毛髪の成長期を保持する効果があり、短くなってしまった成長期を回復させることで、毛髪が十分に成長する期間が確保されます。

毛周期サイクルを正常に戻すのがHARG療法

このようにHARG療法では、AAPEと数種類の育毛成分をブレンドしたHARGカクテルを注入することで発毛を促進しています。

しかし、HARGの効果はそれだけではありません。
当院の「Dr.福岡スペシャルカクテル」治療コースでは、オリジナルローションを使用することで「脱毛を抑制」し、「発毛」と「育毛」の効果をより高めています。
「発毛」「育毛」のプラスを伸ばしつつ、「脱毛」によるマイナスを抑え、最大限の効果を引き出します。

3.脱毛抑制

HARGローション3つの作用

HARG療法は、細胞のスイッチを入れることで発毛させるという、これまでにない毛髪再生医療です。機能の低下した毛母細胞に直接働きかけ、活性化する治療であるため、細胞さえ生きていれば薄毛の原因にかかわらず、発毛効果が期待できます。

とはいえ、AGA等で脱毛が進行しているケースでは、HARGによる毛髪量のプラスと脱毛によるマイナスが相殺し、差し引きプラスであってもなかなか増えているように感じられない方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなケースに対応するため、当院では脱毛抑制のオリジナルローションを開発いたしました。

HARGローション

オリジナルローションには、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制するCopperTripeptide-1、脱毛を促すタンパクをブロックするDKK1ブロックタンパク等の成分を含んでおり、HARG療法と併用することでHARGの発毛・育毛効果がより実感できるでしょう。

DHTの発生を抑制するAGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、重大な副作用があるために、女性の使用は禁忌とされています。当院のオリジナルローションであれば、副作用を心配することなくどなたでも安心してご使用いただけます。

オリジナルローションについて詳しくはこちら

効果がある症状のタイプ

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 女性の薄毛(女性型脱毛症)
  • 若年性脱毛症(いわゆる若はげ)
  • 円形脱毛症(いわゆる十円はげ)
  • ストレスや生活習慣に起因する脱毛症

先に説明したように、幅広い脱毛症・薄毛に対応するのがHARG療法の強みのひとつです。男性型脱毛症はもちろん、女性の脱毛症にも大変効果が高い治療法です。

身体的、時間的な負担が少なく、軽度の脱毛症はもちろんのこと、高度に達した脱毛症にも優れた効果を発揮するのがHARGなのです。

女性型脱毛症への効果

HARGは女性にも高い効果を示します

女性型脱毛症はホルモンバランスの乱れや更年期障害などの理由によって毛髪に十分な栄養が行きわたらず、毛髪が細く、コシがなくなり、あるいは成長途中で抜けてしまうというものがほとんどです。それは頭頂部の地肌が見えやすくなる、髪の分け目が目立つ、髪にボリュームがなくなりヘアスタイルに影響が出てくる、といった形であらわれます。

長く女性は、これらの症状に対する治療法が限定されていました。治療薬であるプロペシアには母体への悪影響といった副作用が認められるため女性には使用できません。部分かつらやつけ毛は近年バリエーションが増加していますが、ヘアスタイルそのものを限定してしまい、根本的な治療にはなりません。

HARGは身体にやさしく女性でも高い効果を示す、唯一の治療法であると自負しております。上記の理由からあきらめてしまった方にも、ぜひ相談をいただければと思います。

男性型脱毛症への効果

重度のO型はげの治療例

男性型脱毛症に多く見られるのが頭頂部からの脱毛による禿髪・透髪症状(いわゆるO型はげ)と、前頭部の頭髪境界の後退(いわゆるM字はげに代表される)です。また男性ホルモンの影響により、発症する確率が他に比べて極めて高く、かなり高度の症状に達することが多いことも特徴です。

高度に進んだ脱毛部は発毛させることが極めて困難であったため、植毛やかつらに頼らざるを得ないという常識がありました。しかしそんな脱毛症であっても、患部の毛母細胞はまだ生きていることが多いものです。そして毛母細胞が生きてさえいれば、HARG療法は有効です。

進行を止め、いま残っている毛髪を「守る」だけの治療から、毛髪の再生をうながす「攻め」の治療へ。男性型脱毛症に悩む人にHARG療法の効果が期待できます。

円形脱毛症・ストレスなどによる脱毛症への効果

円形脱毛の治療例

これらの症状は原因を取り除き一定の期間をおくことで自然の改善が望めるものですが、これには一年を超える期間が必要となることもあり、その間は他の髪で患部を隠すという我慢を強いられます。また心理的な原因などを取り除くことが困難で数年にわたって発毛が見られない、という方もいらっしゃることと思います。

その治療に関して、植毛のように他の髪や頭皮にダメージを与える方法は、その症状の性格上不適切です。

HARG療法の臨床の結果、これらの症例は他の症状と比べて発毛までの期間が早いということが分かっており、症状の早期解決に大変有効であると言えます。

プロペシア(AGA治療薬)に対する治療抵抗性がある方にも

近年国内においても広く使用されている治療薬・プロペシアに対して治療抵抗性を示す遺伝子の存在が報告されています。これに該当し、プロペシア治療をあきらめた方にもHARGは有効です。

オススメコンテンツ

薄毛・脱毛の仕組み
自毛植毛とは


HARG療法とは

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール