ご質問

薄毛についての質問と回答

仕事の関係で酒、たばこ、睡眠不足に加えストレスが半端ありません。はげるはげると脅され転職を勧められるのですが、実際にこのような生活を続けるとはげてしまうものでしょうか。また、はげてしまった場合、この生活を改めないと治療しても無駄でしょうか。

院長福岡

たばこや睡眠不足、ストレスはいずれも血流を妨げるため、毛髪に必要な栄養の供給が滞り、毛母細胞の働きを弱める原因となります。これらは薄毛の単独の原因としてはそれほど大きなものではありませんが、やはり程度の問題です。


「半端ない」程度で長期間続けば、毛髪の成長不良、ひいては薄毛につながります。また程度に関わらず、男性型脱毛症(AGA)の傾向があればその悪化因子となります。


例えばHARG療法では、毛母細胞に刺激を与えることで発毛を促し、血管の拡張や成長期の保持、栄養供給により毛髪の成長を助け、薄毛を改善します。プラスマイナスの差引ですので、そのままの生活でも治療が無駄とはなることはありませんが、悪化因子は極力減らしていただいた方がより効果的です。これはHARG以外の薄毛治療でも同様です。


なお、お酒は適量であれば血行を促進するため、必ずしも毛髪に悪いとはいえません。ただし過剰摂取は毛髪の原料であるアミノ酸を消費してしまうことになるため、あくまで適量を心掛けてください。

同じカテゴリの質問

最近追加された質問

最近1ヶ月間に寄せられたご質問、HARG療法や発毛・育毛のご相談を掲載しております。
(最終更新:2013年2月8日)

カテゴリーから探す

  • 効果について
  • 使用する薬、副作用について
  • 痛み、症状について
  • HARGの特徴、他の治療との違い
  • 女性の育毛、増毛について
  • 来院、施術、所要時間について
  • 通院、費用について
  • 治療後のケア等について
  • AGAについて
  • 植毛について
  • 薄毛について
  • 発毛
無料カウンセリング予約 相談、問い合せ
HARG治療センターに相談してみる。ご予約はこちら