自毛植毛とは

自毛植毛とは

自毛植毛の概要

自毛植毛の模式図

自毛植毛とはその名の通り、自らの毛髪を頭髪が薄くなった部分に移植する薄毛・はげの治療法です。おもに男性ホルモンの影響を受けにくく脱毛が少ない後頭部・側頭部の毛髪を毛根ごと採取し、薄毛・はげ部分に自毛植毛することによって治療をおこないます。

従来おこなわれていた人工毛植毛などの治療法と異なり、身体の拒絶反応をひきおこす可能性が少ない、移植した自毛が成長するいう特徴を持っています。

自毛植毛の特徴

自毛植毛は外科手術によって行なわれます。

自毛植毛の具体的な方法はさまざまな術式・移植手法が開発され高度化・細分化しており、おもに移植にメスを用いるスリット式と、移植針と呼ばれる特殊な針を用いるニードル式に大別されます。

自毛植毛の手術方法
自毛植毛の術式
確かな知識と選択が大切です

一般に自毛植毛の手術には高度な技術を必要とし、治療結果は施術者・クリニックの経験・手腕によって大きく変わる点に注意が必要です。またそれによって手術回数にも影響があり、コストパフォーマンスも変わってきます。自毛植毛を検討するにあたっては、まずは自毛植毛に対する知識をもち、その上で信頼できる自毛植毛のクリニックを探すことがなによりも大切です。

自毛植毛の効果

悩む男性

また自毛植毛の手術後の副作用やダウンタイム(術後、一時的に起こるさまざまな不快な症状)などのデメリット・生活する上での注意点がありますので、これについてもよく理解されたうえで自毛植毛を検討されることをおすすめいたします。

自毛植毛のメリット・デメリット
自毛植毛の発毛プロセス
知っておくべき手術後の注意点

では、次に自毛植毛について詳しく説明していきましょう。

自毛植毛の特徴

自分の髪を脱毛部分へ移植する

植毛図

「自らの毛髪を自らの頭皮に移植する」これが自毛植毛の第一の特徴です。採取元はおもに男性ホルモンの影響を受けにくく、毛髪が抜け落ちにくい後頭部・側頭部となります。

植毛されるのは自分の毛髪であるため、毛髪の質感はもちろん自然なものとなります(ただし、施術者の技術によってトータルの仕上がりには差が出ます)。

一方で、自分の毛髪を移動・植えかえするということは、毛髪の絶対量が増えるということにはなりません。結果として増毛したという報告もありますが、これについては個人差が激しく、決して無条件に期待できる効果ではありません。また残っている毛髪の量によって、移植可能な毛髪量も当然限られてしまいます。

植毛部分の毛髪が成長する

移植された毛髪は、術後の経過がよければ完全に「生きている毛髪」となります。かつらやつけ毛などと異なり、自ら成長サイクルをたどって伸び、時期がくれば抜け、また生えてきます。元々はげにくい後頭部、側頭部の毛母細胞がベースにあるため、再度薄くなる可能性も低いとされています。

移植本数や範囲の大小によって料金・治療回数に大きな差がある

一度の手術で後頭部・側頭部から採取できる毛髪の量には限りがあります。そのため、移植する本数や治療範囲の大小によって治療回数(手術回数)に大きな差ができ、よって必要な料金も大きく変わってきます。

術後いったん抜け落ち、その後自然に毛髪が伸びる

自毛植毛のメリット・デメリット」でも後述しますが、移植した毛髪は術後にいったん抜け落ちることが多くあります。これは毛髪の成長サイクルが一度リセットされてしまうことによって生じるものです。これによって移植部がどうしても目立つ期間ができてしまいます。

経過が良好ならば、2〜3ヶ月に移植された毛根から再び毛髪が生えてきます。

生えそろってからは基本的にメンテナンス不要

発毛後何のトラブルもなく毛髪の定着が認められれば、その後は基本的にはメンテナンスやアフターケアの必要はありません。

オススメコンテンツ

HARGについて知る薄毛・脱毛の仕組み

自毛植毛とは

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール