自毛植毛とは

自毛植毛の効果

技術の進歩とともに毛髪生着率は増加

自毛植毛の模式図

近年の技術向上から移植後の毛髪生着率は90%を超えるという報告が数多くなされており、自毛植毛は脱毛部分の頭髪を増やす、という観点からみればある程度安定した効果を期待できる治療法といえます。

手術1回での効果は限定される

自毛植毛の模式図

一度の手術で植毛できる毛髪本数と同様、植毛の密度についても限界があります。一定以上の密度を超える植毛は定着率を低下させてしまうためです。そのため、十分な毛髪密度・移植面積を得るためには何度かの手術を受ける必要がある場合が多く、脱毛の程度によっては手術1回の効果だけでは十分な満足を感じることは難しいようです。

仕上がりは施術者の技術次第

自毛植毛の模式図

移植される毛髪は本人のものであるため、質感が自然なのには言うまでもないことでしょう。しかしそれだけが仕上がりのよさを決めているわけではありません。毛流れや密度などが残っている毛髪と調和していないと、残念ながら望む効果は得られません。

自毛植毛にはさまざまな術式があり、それぞれメリットとデメリットがあります。その中には高い技術が要求されるものも多く、最終的な仕上がりは施術者の経験と力量によって大きく変わってきます。

もし施術者に技術が不足している場合、かえって移植部分の境目が不自然になったり、ピットスカーと呼ばれる陥没が移植部分にできてしまうこともあります。採用している移植法や施術例、カウンセリングでの対応確認など、クリニックの選択には細心の注意をはらうことをおすすめします。

オススメコンテンツ

HARGについて知る薄毛・脱毛の仕組み

自毛植毛とは

HARG治療センターについて よくあるご質問 お知らせメール
ご予約はこちら お知らせメール